宇宙最強テニスプレーヤーのテニボ君の謎2

地球の様子をまったく知らない「テニボ」にとってかなり不安があったようだが、「ハッピー」と言いながら・・・

宇宙最強テニスプレーヤーのテニボくん

テニボ君

地球に舞い降りた「テニボ」と、こっそりついて来た、ワシは、笠幡のテニススクールへ向かった。

宇宙人であるワシらの突然の来訪に地球人は、さぞかし驚く事だろうと思っておったが、ワシらの姿を見て、なんだかよろこんでおった。地球人とは、随分とキモの座った生き物だわい。

さて、それでも、地球の様子をまったく知らない「テニボ」にとってかなり不安があったようだが、「ハッピー」と言いながら笠幡のテニススクールのドアを開けると、

明るく笑顔でウエルカム!

すぐにフロントへ案内されて、優しく丁寧に体験レッスンを説明してくれたようすだった。

フロントで説明を受けると「テニボ」の所へ「本日の担当コーチの荒井です」と丁寧にお辞儀をされ、礼儀正しさに思わず「ハッピー」と一言・・・とても感動しておった様子だったよ。

レッスン時間前になると子供たちが「こんにちは」と元気よくコートに集まり、コーチに紹介されたテニボの周りに「よろしくね」と笑顔で寄りそって来たよ。

全員整列!・・テニボも子供たちと整列し、コーチの指導で礼儀正しいあいさつを学んでおったよ。・・・・

あいさつチャンピオン大会

笠幡のテニススクールに通う子供たちは実にしっかりとあいさつができるのー

ワシは、ちびっ子と一緒に「体験レッスン」に参加して、笑顔であいさつする「テニボ」を見守りながら、なぜ、テニボが以前から心を引かれていたのか、そして、宇宙ナンバーワンの実力がありながら、テニスの基本を習いにきたのかが、わかったような気がした。

一緒に仲間と楽しくプレーしたり、仲間を大事にして、礼儀というものを知りたかったのじゃなぁ。

どら、ワシも、「テニボ」を見習って、地球でなまった体をなんとかするかなぁ…

3話につづく

あいさつキャラクター「テニボ君」は、商標登録キャラクターですので商用利用の際はご連絡をお願いします。